知っておきたいこと

押さえておきたい注意点

家を売る時、少しでも高く売りたいと、だれもが考えるでしょう。

しかし、家を売る時に少しの手間をかけないために
大きな損をしてしまっている人もいます。

不動産会社

家を売る時には、まずは不動産会社に査定を
してもらいますが、自宅から近いとか、仕事からの
帰り道にたまたま不動産会社を見つけたとか、
通いやすい場所にある不動産会社に相談をして
そのまま契約までしてしまう人は意外と多いです。

不動産会社はどこもプロですから、
どこに依頼をしても結果は変わらないと
考えてしまっていることが1つの原因となっています。

不動産会社には得意・不得意があるので、実は結果が
大きく変わってくることがあります。

比較

家を少しでも高く売るためには、できるだけたくさんの
不動産会社に査定を依頼して、比較をすることが
重要になります。

家を売る時、少しでも高く売りたいので、一番高い
査定額をつけてくれた不動産会社に
依頼をしてしまう人は多いです。

しかし、不動産会社もそのような依頼者が多いことは
わかっているので、やや高めの査定額をつける
という会社もあります。

家が売れるかどうかは、最終的には買い主が現れるか
どうかにかかっているので、高くつけてくれた
査定額を信頼して、その価格で売りに
出してしまうと、いつまで経っても
購入希望者が現れないということに
なるかもしれません。

査定をしてもらった時には、なぜその金額になるのかと
いうことをきちんと聞いておき、信頼できる不動産会社と
契約をすることが重要です。

どのような販売活動を行うつもりなのかということなど、
できるだけたくさんの質問をしてみましょう。